カステイーヨ・メルセデス・ポランコ・・・

今オフのストーブリーグ、出遅れ気味のマリーンズですが、ようやく新外国人選手が3名決まってきましたね。
メジャーのタイガースからカスティーヨ投手、前ジャイアンツ(日本の方です)のメルセデス投手ポランコ選手
まぁ、カスティーヨ投手はメジャーにいたとはいっても今季登板は僅か3試合。
メルセデスとポランコはジャイアンツが引き止めなかった選手ですから期待していいものやら・・・?

“カステイーヨ・メルセデス・ポランコ・・・” の続きを読む

【現役ドラフト2022】大下IN、成田OUT

初の試みとなるNPB現役ドラフト、今日行われました。
といっても私、そのルールというかカラクリと言うか(笑)よくわかっていません。
出場機会の少ない選手の「飼い殺し」を防ぐために、力がありながら一軍でイマイチ活躍できなかった選手の環境を代えて、新たなチャンスを与えようということなんでしょうけどね。

“【現役ドラフト2022】大下IN、成田OUT” の続きを読む

【日本シリーズ2022】バファローズ、お見事!!

バファローズの3勝2敗1分で迎えた日本シリーズ第7戦、5-4でスワローズを下したバファローズが、前身の阪急ブレーブス時代から通算で5度目の日本一を決めました。
しかし大エースの山本投手を初戦のケガで欠きながらの勝利、お見事でしたね。
パリーグとしても、去年奪われた覇権を一年で取り返したことになります。
何より毎試合接戦となり、とても内容の濃い戦いぶりでした。

“【日本シリーズ2022】バファローズ、お見事!!” の続きを読む

【ドラフト2022】内野がやたらと多い

これといった目玉選手がいなかった今年のドラフト
9球団が事前に1位指名選手を公表するという、これまでなかった流れになりましたね。
マリーンズは事前公表はしませんでしたが、1位は立大の荘司投手にいってイーグルスに抽選負け、はずれ1位で専大の菊地投手の交渉権を獲得しました。

“【ドラフト2022】内野がやたらと多い” の続きを読む

新監督は吉井さん

いや驚きましたね。
福浦コーチや里崎氏、果ては落合博満氏の名前まで取り沙汰されていたマリーンズの新監督、意外とすんなり決まりました。
昨年まで投手コーチを務めた吉井理人さんです。
私自身、まったく予期していなかった人選ですし、多くのファンの方も同様だったと思いますが、今のところ、ネット上の評判は上々のようです。

“新監督は吉井さん” の続きを読む

【M5-3H】最終戦2022

「終わり良ければ全て良し」なんてわけにはいきませんが・・・
今日の最終戦、優勝がかかったホークス相手に久々にスカッとするゲームを見せてくれました。
特に来季の4番を争うであろう二人、山口選手と安田選手がともに活躍して、いい形でシーズンを終えることが出来ましたね。
なんてことを井口監督の挨拶を聴きながら書いていたのですが、何と何と、井口監督、突然の退任表明、ビックリです。

“【M5-3H】最終戦2022” の続きを読む

【Bu4×-3M】監督の差???

何とも悔しいサヨナラ負け・・・
相手は優勝を争っているとは言え、そんなことは関係ありません。
ファンとしては、とにかく勝ってほしい。
特に相手の絶対エースの山本投手に対して、7回で何とか2点取るという、マリーンズとしては出来すぎの?展開だっただけに、何とか勝ち切ってほしかったのですが・・・

“【Bu4×-3M】監督の差???” の続きを読む

【F3-11M】札幌ドーム最終戦

2004年の北海道移転以来、ファイターズの本拠地であり続けた札幌ドーム。
マリーンズは最終戦の相手を務めることになりました。
あえて「空気が読めない」とは言いません(笑)
球場に別れを告げにやってきた満員のファンを前に、昨日とは逆にホームチームに大勝。
遅ればせながら藤原君に今季1号、山口君にも一発が出て、来季は相手の清宮選手・野村選手・万波選手らとの若手同士の競い合いが楽しみになりましたね。

“【F3-11M】札幌ドーム最終戦” の続きを読む

【F14-0M】井口さん、ホントに留任でいいの?

3位進出に首の皮一枚で迎えた一戦。
何ともトホホな展開で、最下位のファイターズにいいようにやられまくり、これ以上ないような情けないリアル終戦になりましたね。
私が帰宅してTVを点けたときには5回、既に10-0でしたが、まったく驚かないってのが何ともです・・・

“【F14-0M】井口さん、ホントに留任でいいの?” の続きを読む

【H2-1M】朗希最終登板を飾れず

東浜-佐々木のマッチアップになった福岡最終戦。
両者ともそれほど好調ではなかったのでしょうが、きっちりとゲームを作りました。
東浜投手は5回1/3を1失点、とはいっても一死一塁で降板後、後続投手が打たれたわけですから、実質的には無失点のようなものです。
彼にしては珍しく球数が多く、ボール先行の場面もありましたが、経験豊富な投手らしく、走者を出してもバタつくことはありませんでしたね。
特に安田選手に対しては、インコースで足を引かせてまったく自分のバッティングをさせていませんでした。

“【H2-1M】朗希最終登板を飾れず” の続きを読む