【M5-3Bu】マリーンズ戦に限った

ことかもしれませんが、バファローズは割とミスしてほしいときにしてくれますね。
今日は拾ったゲームといっていいと思います。

それにしても、金子投手、どうしたのでしょう?
5回の田村のタイムリー、確かに打った田村も脇を締めた見事なバッティングでしたが、金子投手も勝負所であんな甘い球を投げるピッチャーではないのになぁと思いながら見てました。
また、パファローズはマリーンズと逆でポイントゲッターは沢山いるけど、出塁率の高いチャンスメーカーがいませんね。
西野選手がデビュー時は、俊敏で打球の強い、いい内野手が出てきて羨ましく思ったものですが、最近は試合にすら出ていないようだし、駿太選手も伸び悩み、宗選手もまだまだ線が細く、プロの体になっていないように見受けられます。

今日は相手チームのコメントばかりになってしまいました。

マリーンズサイドは前の試合で嫌な負け方をしただけに、今日勝てたのは良かったです。
ヒロインには呼ばれませんでしたが、影の殊勲者は田村捕手でしょう。
前述のタイムリーはもちろんですが、7回表の送りバントを阻止したゲッツ-プレ-も石川を救いましたね。
また、藤岡の決勝ツ-ランもよく打ちました。
やけくそ気味に大根切りで振ったら当たり所がよかった感じもしなくはありませんが、自らのエラーでピンチを招いた後だっただけに、本人もほっとしたでしょう。
持ってるといえば持ってる選手なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。