【M1-4YB】福浦&習高吹奏楽部のコラボ効果は

絶大でしたね。平日ナイターで満員御礼になったのはいつ以来でしょうか?
♪レッツゴー習志野♪の迫力はTVを通しても、充分伝わってきました。

しかし、一昔前のプロアマ断絶期なら、高校のプラスバンドをプロの応援に引っ張り出すなど、考えられないことでしたが、時代は変わりましたね(っていうか、今の方がまともなんでしょうけど・・・)
企画を考えて高校や高野連?と交渉した球団担当者の方、そして母校の誇り、福浦先輩のために一肌脱いだ習志野高校吹奏楽部の先生、生徒の皆さん、おつかれさまでした。

ゲームの方も、福浦が打って勝てればよかったのですが、そうそう甘くありませんでしたね。
一言でいうと、「運のない試合」ということでしょうか?
7回に追いつかれた大谷投手も、決して内容は悪くなかったと思うのですが、当たり損ねがコースヒットになってしまいました。
また、10回裏、2死2,3塁でのドミンゲス選手の当たりは捉えていながらセンター正面。

そして極めつけは渡邊投手、自らは無失点投球で、またしてもリードしている展開でマウンドを降りながら初勝利ならず、あれだけ勝ち運のない投手も珍しいですね。
まぁ、人の運などいつ変わるかわからないですから、根気よく今日のようなピッチングを続ければ、必ず報われる日が来るでしょう。

最後に打ち込まれた田中投手は、ここのところ登板過多気味でもあり、責めるのはかわいそうかなと思います。

さて、明日のジャイアンツ戦は今期2度目の現地観戦予定なのですが、天候が不安ですね。予報では終日雨ですが、なんとか試合が出来る程度の小雨であることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。