【M1-6E】千葉ZOZOマリーンズ???

ZOZOTOWNの前沢社長がプロ野球事業参入への意欲を語ったとのこと、同社がマリンスタジアムの命名権を獲得して以来、取り沙汰されてきた話題ですが、果たして「千葉ZOZOマリーンズ」は誕生するのでしょうか?
一方のロッテ球団山室社長は「売却はありえない」と完全否定の構えです。

まぁ、前沢氏はロッテ球団を買い取りたいとは言っていないようですが、球場に自社名を入れているうえに、彼自身千葉県民のようですから、ターゲットはマリーンズなのでしょう?
ネット上では、ロッテ球団の特に選手補強のやる気のなさをあげつらって「早々に身売りすべし」というファンの意見も多いようです。
私自身は、当サイト最初の投稿でも書かせていただいたように、50年チ-ムを持ち続けてくれたロッテに感謝の気持ちがあること、「千葉ZOZOマリーンズ」というのは語感的にはイケテないかな?と思っていることがあり、「千葉ロッテマリーンズ」のままでいてほしい派なのですが・・・
「エル・オー・ティ・ティ・イー、うぉ~ロッテ」の応援が聴けなくなるのも寂しいですしね・・・

ただ、一方でプロ球界への新規参入は既存球団を売却してもらうしかないというのも変な話だと思います。
サッカーのようにある一定の条件を満たせば、Jリーグにチャレンジできるような仕組みも必要かな?と思います。別に千葉に2球団あってもいいと思いますしね。
JRやNTTが君臨している鉄道業界や通信業界だって、参入障壁はNPBよりはるかに低いですよね。
既存12球団は自分たちの分け前が減ってしまう危険のあるエキスパンション(球団拡張)には乗り気ではないのでしょうが・・・

さて、昨日今日とゲームについてのコメントが後回しになってしまいましたが、昨日の嫌な負け方を引きずったか、売却の噂に動揺があったのかわかりませんが、フンヅマリ感たっぷりの、何とも流れの悪いゲームでした。
2回に中村と井上が草野球並みの失策をしでかしてから、何か見ていても勝てる感じがまったくしませんでしたね。
明日の先発の二木投手に期待してよいものやらわかりませんが(笑)
何とかこの妙な流れを変えてくれる救世主の出現を望んでいます。
候補は一発のあるドミンゲスかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。