【Bu3×-2M】楽しみな若手投手が

また一人出てきたことは喜ばしいのですが、結局はその種市投手の好投を勝利に結びつけることはできませんでした。
9回表の二死満塁では、安田選手のプロ初安打が同点タイムリーになりましたし、相手のサヨナラホームインもリクエストになったぐらいの微妙なタイミングで、惜しいゲームではあったのですが・・・

まぁ、結局は序盤に無死のランナーを出しながら、拙攻の連続で相手先発の東明投手を攻略できなかったのが響いたということになるでしょうね。
ここのところ、点が取れそうで取れないゲームばかり続けているような気がします。
シーズン序盤はあれだけ積極的だった走塁も、ここのところはすっかり影をひそめていますね。
何か打線全体が井上選手の一発頼みといった雰囲気すら漂っています。

ただ、そんな中で、冒頭にも書いた種市投手の好投は一筋の光明といったところでしょうか?
無理のないフォームで、ストレートに勢いがあり、変化球も鋭いですね。
まだ高卒2年目なのに、ランナーを出しても落ち着いており、メンタルも強そうです。
今日は不運な敗戦投手となってしまった岩下投手とともに、今後のマリーンズを背負って立つ投手に成長していくことになると思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。