【F1-3M】有有対決の行方は

めでたく我がマリーンズ有吉投手の勝利となりました。
ファイターズの有原投手にはやられっぱなしだったのですが、一矢報いましたね。

今までの有原投手との対戦は、捉えられそうで捉えられず、イニングを稼がれているうちにいつのまにかリードされている印象だったのですが、今日の彼は150K越えのストレートをビシビシ決めて、ちょっとつけ入る隙がない感じでした。
でも、野球はわからないですね。
6回の平沢と藤岡のヒットは捉えたというよりコースヒットでしたが、何とか先制点に結びつけると中村、井上、大地のヒットが続いて上手くリードしました。

7回以降の投手リレーもヒヤヒヤものですが、相手打者の左右にこだわらず大谷-松永-内で何とか逃げ切りました。
特に大谷投手は左打者相手に久々のナイスピッチでしたね。
心なしか、今日は彼の顔にも迫力があったように思います。

とにかく何とか5連敗でストップ!!
マリーンズらしく泥臭く勝ったゲームでした。
まだ3位の望みは充分あるので、ひたむきに、必死に戦ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。