やはりマリンにテラス席は

設置されてしまうようですね。(名称は「ホームランラグーン」)
日刊スポーツの報道によると外野の左中間、右中間、今のフィールドウィングシートの手前、そしてダグアウト上部に新たな座席が新設されるようです。

このうち、内野の座席の新設については寧ろ賛成なのですが、7月16日の投稿でも書かせていただいたように、左中間、右中間を狭めて、スリリングな2塁打や3塁打が多い球場の特徴を手放してしまうのは個人的にいかがなものか?と思っています。
あのエリアは2年前までの岡田選手のような、外野守備の名手の見せ場でもありますしね・・・(「エリア66」なんて言われてましたね)

今年の観客動員は好調ですし、少しでも収容人員を増やしたいという思惑はわからなくはありませんが・・・

まぁ、決まったものは仕方がないですが、外野を狭くして、相手のホームランだけ増えた、なんてことにならないように願いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。