【H10-2M】ホークスに長く在籍した

大隣投手の引退登板だから、負けてもいいやと思っていたのでしょうか?
何ともスピリッツを感じさせない戦いぶりでした。

大隣が無死一塁の走者を出したところで、後を引き継いだ酒居投手、いきなり二者四球で無死満塁ですからねぇ。
ホークスの先制点は安田選手の本塁悪送球でしたが、とにかくボール先行のうえに投球間隔が長く、リズムが悪すぎました。
あれではエラーも出ようというものです。
二人目の打者からの登板は、最初からわかっていたはずですから、言い訳にはならないでしょうね。

井口監督も、味方投手が立ち往生状態でも何かニヤニヤしている感じで、ファンからすれば、どうにもストレスのたまるゲームでした。
今日勝てば、まだホークスに勝ち越せる可能性もあっただけに、残念です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。