【高校野球秋季関東大会2018】習志野ベスト4!!

習高、やりましたね!!
今日の秋季関東大会準々決勝、習志野は8-4で東海大甲府を破り、準決勝進出を決めました。

関東地区のセンバツ枠は、毎年4校はありますから、ほぼ春の甲子園出場を確実にしたといって良いと思います。
今日の試合は、もちろん生観戦できたわけではなく、スコアしかわからないのですが、敵失を生かして先制し小刻みに加点した後は、小林監督の投手起用が冴え、3投手の継投で逃げ切ったという内容のようです。
試合巧者ぶりを如何なく発揮しましたね。

しかし、一回戦も延長タイブレークの際どい試合でしたが、県大会でも土壇場まで市柏にリードされたゲームもあり、決して盤石の強さとは言えないと思いますが、習志野らしく少ないチャンスを生かすしぶとい野球が出来ていたようです。

習高ナインの皆さん、一冬みっちり鍛えて、2000本安打を達成したOBの福浦選手と同じように「千葉の誇りを胸に」来春のセンバツ大会で旋風を起こしていただけること、期待してます!!
ただ、その前に準決勝、決勝を勝ち抜いて、センバツ出場をより間違いなくしたうえで神宮大会出場を果たしてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。