マリーンズ、レアード選手獲得

ファイターズを自由契約になっていたレアード選手、マリーンズと契約を交わしたとのこと。
昨年まで散々痛い目にあわされてきた選手だけに、ファンにとっては嬉しいニュースとなりました。

丸選手を獲れなくて、余った資金をつぎ込んだかと思いましたが、報道によれば年俸は1億1800万とのこと、意外なほど安く獲得できましたね。
あの実績の外国人選手となれば、3億ぐらいはかかりそうにも思えますが、何かあったのでしょうか?

まぁ、それはともかく最大課題の長打力不足が何とか解消されそうな目鼻がついてきたのは喜ばしいことです。

ファンサービスにも熱心で、性格も良さそうな選手ですから、成績だけでなく、他の面でも若手選手に良い影響を与えてくれると良いですね。

特にポジションがかぶる安田選手、今期は鈴木大地選手とサードのレギュラー争いをすると目されていましたが、もっと高い壁が出現してしまいました。
ただ、プロならば競争は当たり前、レアード選手をDHに追いやるぐらいの勢いで精進努力を期待したいものです。

そしてこれまで獲得した3人の外国人選手も、左腕の先発投手(ブランドン・マン)、クローザー候補(レイビン)、大砲候補のスイッチヒッター(バルガス)とマリーンズには珍しく?バランスのとれた補強ぶりです。
全員が額面通りに活躍してくれるかはわかりませんが、選手層は大分厚くなった感じはしますね。

安田だけでなく、平沢選手や岩下、種市両投手など、昨年頭角を表した若手にとっては競争相手が増えて大変ですが、やはりプロの世界、競争に勝ってゲームで実績を残していくしかありません。
激しい競争から一人でも二人でも、主力選手にのし上がってくれることも、あわせて期待しております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。