アジアゲートウェイ交流戦

石垣島でキャンプ中のマリーンズ、昨日には今シーズン初の対外試合が行われました。
結果は既に皆さんご存知と思いますが、台湾リーグのLamigoモンキーズを相手に、何と22-0という超大差でマリーンズが劇勝したようですね。

まぁ、この時期での勝敗はあまりとやかく言っても仕方ないのですが、安田選手に2本塁打、平沢選手に1本塁打と期待の若手が活躍したのは良かったです。
特に平沢選手はまた体が一回り大きくなった感じがしますね。
彼も何だかんだでもう4年目、去年は若手育成枠での先発出場が多かったですが、今年は実力でのレギュラー獲りが期待されます。

レギュラーは獲るべきときに獲っておかないと、結局ズルズル一軍半の選手で終わってしまうこともありますからね。
誰に言われるまでもなく、今年が勝負の年であることは、彼自身が一番わかっていることでしょう。
根が真面目で努力家タイプの選手のようですから、ぜひチャンスをものにして、長く主力を張る足掛かりの年としてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。