マリーンズ、市川市とフレンドシップ協定

フレンドシップ協定とは何ぞや?ということになると思いますが、マリーンズが千葉県内各市と連携して、青少年育成プログラムやら何やらを行う活動のようです。

市川市国府台球場

これまで、イースタンリーグを開催し、またAllFor千葉デーに袖に地域名ワッペンを入れた千葉市、鴨川市、市原市、浦安市、柏市、佐倉市、袖ケ浦市、習志野市、成田市、船橋市、茂原市と同協定を結んできたとのこと。

そして、このほど市川市との間でその協定が締結されたということです。
2022年には国府台球場で、マリーンズの二軍戦が開催されるそうです。まだ少し先ですが、楽しみですね。

国府台球場は、以前にも書かせていただきましたが、レトロ感たっぷりの歴史を感じさせる私の好きな球場の一つです。
かつて、マリーンズの前進の毎日、大毎オリオンズは二軍本拠地として同球場を使用していました。
今回の協定締結、西本幸雄さん、榎本喜八さんら、偉大なオリオンズの先人達の業績を思い起こさせるきっかけとなってくれれば嬉しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。