【M9-9L】大乱戦の結果は

結局、シーズン初の引き分けゲームでした。
相手は序盤から守備ミス連発だっただけに、取りたかったゲームではありましたが・・・

なんといっても8回の唐川投手が誤算でした。彼らしくなくボール先行の不安定な投球でしたね。点差に余裕があった(3点差)ので、少し楽に打ち取ろうとしたのかな?
今シーズン、ホールド機会での救援失敗は初めてなので、責められないとは思いますが、明日以降はしっかり立ち直ってほしいですね。

ただ、延長後は、勝ちパターンに入っていない3投手(松永-西野-チェン)がよく踏ん張りました。
特に11回表の一死一三塁でメヒア選手の場面は、もうダメか?という感じでしたが、西野投手、さすがに元クローザーだけあって落ち着いていました。

まぁ、勝ち切れなかったのか?負けなくてよかったのか?何とも微妙ですが、選手たちだけでなく、最後まで球場で声援を送った両チームのファンの人たちも、皆さまおつかれさまでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。