【M5-3F】連休中は6勝3敗

平成から令和に切り替わる10連休も今日が最終日。
マリーンズはファイターズを5-3で下し、連休中を6勝3敗、借金を2としました。
連休以前を思えば、上々の結果だったと思います。
しかし、「まさか」の多いゲームでしたね。

まさか岡がホームランを打つとは(笑)
そして、その後の二死満塁で有原が2回も暴投するとは・・・

二度の「まさか」があった5回の3点が結果的に勝負を決めました。
多分に運に恵まれた感もありますが、その運も攻走守にわたって活躍した荻野選手や、今日もストレート中心の攻める投球をした先発の種市投手が呼び込んだものと思います。

打順の組み換えもはまりましたね。二番に入った鈴木大地、三番に入った角中も得点に絡みましたし、スタメン抜擢で七番に入った岡も前述の同点アーチの他に、内野安打と盗塁がありました。

NHK解説の梨田さんも「ポテンシャルの高い選手」と言っていましたが、ようやくその身体能力の片鱗を見せ始めたということでしょうか?
実際、今日の彼の先発を耳にしたときは、かなりガックリきたのですが、わからないものです。謝らなければなりませんね(笑)

あとは絶不調の出口が見えない中村選手と、球速が上がってこない唐川投手あたりが立ち直ってくれば、大型連勝も期待できる陣容になってきたかな?

次の2カードは上位(ライオンズ・ホークス)とのアウェーゲームですが、何とか5割にしてホームに戻ってきてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。