【M3-4T】見事な同点劇でしたが・・・

9回裏は1点ビハインドの二死からの攻撃、もうダメか?というところから粘って追いついたのですが・・・
相手クローザーのドリス投手、角度ある速球が決まっていて手も足もでないかと思いましたが、大地が粘って四球で出塁。暴投で進塁すると、スキを見て三盗を仕掛け打者の清田はバットを放り出すように球に当てて右前安打。超前進守備のライトからのバックホームをかいくぐってのホームイン!
まさしくもぎ取ったと表現すべき執念の同点劇でしたが・・・

延長戦は勝ちパターンの投手を残していたマリーンズの方が有利に見えましたが、益田投手、制球不安定でストライクを取りにきた球を狙われました。

また、2回に二遊間の守備の乱れで追加点を許したのも結果的には響きました。
ショートの三木選手、藤岡離脱・平沢不振で彼にとってもチャンスのはずですが、得意なはずの守備で精彩を欠いてしまっては、レギュラー定着はなかなか厳しいですね。
9回からは、大地選手が3年ぶりにショートに入っていました。
平沢も三木も守備面でアピールできていませんから、それなら明日以降は打撃好調の大地ショート、井上ファーストの布陣も確かにありだと思います。
まぁ、個人的には何とか平沢選手に頑張ってもらいたいとは思ってますが・・・

ただ、今日のゲーム、ひとつ良かったのは先発の種市投手、多分プロ入り以来最長だと思いますが、7回まで粘って投げたことですね。
おかげで、このところ使い詰めで疲労困憊気味だった、チェン・東条両投手を休ませることが出来ました。
昨日の岩下投手は勝ち投手にはなりましたが、5回で降板し救援投手を5人もつぎこむはめになりましたから、どちらが先発の役割を果たしたかと言えば、種市の方ですね。

交流戦最初のカードは残念ながら負け越しとなりましたが、明日からは東京ドームに乗り込んでのジャイアンツ戦。
特に内野の布陣をどうしてくるか?気になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。