【M9-5H】順位が気になる時期

3位以下が大混戦のパリーグ、順位が一つ上がった下がったで一喜一憂する時期がやってきました(笑)
マリーンズ、今日は序盤の大量リードを守り切ってホークスに連勝。
順位を一つ上げて4位。3位のイーグルスに1ゲーム差に迫りました。

今日は二木、ミランダ両先発投手が乱調気味で落ち着かないゲームでしたが、1,2回で上手く大量点を取りましたね。
相手のエラーもありましたが、不調気味のレアード選手に2本タイムリーが出たのは良かったです。
まぁ、相手先発が制球定まらず、あまりにも酷い出来だったのに助けられた感はありますが、この時期、内容はどうあれ勝てばOKです(笑)

また、こちらの先発二木投手も球速上がらず、際どいボールは見切られる苦しい投球でした。結局3回で替えられてしまいましたね。
CS解説の薮田氏は9-1のリードだったので、もう少し投げさせても・・・と言っていましたが、私は当然だと思いました。
あまりにもリズムが悪かった・・・
ストレートに力がないから変化球が生きてこないという、彼が悪くなるときのパターンなのですが、ファームで調整した方がいいかもしれませんね。

そして、その二木の後を受けて3回1/3を投げ、プロ初勝利の中村投手、おめでとうございます!!
柳田、中村両選手にホームランを浴び、苦しいながらも打たれ強く粘っこい投球でした。

また、影の殊勲者として挙げるべきは二人。守備で3つのファインプレーがあった平沢選手。そして8回一死一二塁で登板して、またしても窮地を救った東條投手ですね。

特に東條投手の連日の火消しぶりには頭が下がります。
ゲームを決めるような緊迫感ある場面で、毎日のように素晴らしい投球を続けていますね。
マリーンズ球団、来季の彼の年俸は大幅アップお願いします!!

平沢の方は、何だか急に守備が上手くなった感じです。
特に2回、三遊間の難しい当たりをショートバウンドで捕球して二塁封殺のプレーは見事でした。課題だった送球難もすっかり改善されていますね。
あとは打てさえすればレギュラーが見えてきますが、まだ左投手相手に腰を引いてしまう癖が抜けていません。もう少し、頑張れ平沢!!

さぁ、そして明日ですが、先発はこちらが種市、相手は武田です。
今シーズンの内容から見て、やや有利な顔合わせですが、とにかく石にかじりついても勝ちにいってほしい。
現実的に3位狙いにならざるを得ない状況ですが、明日の勝敗がCSに進めるかどうか?
帰趨を決めるような気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。