【E4-5M】3位浮上!!

マリーンズ、延長戦を制して勝率5割復帰、順位もイーグルスと並ぶ3位に浮上しました。
しかし、イーグルス戦はホントに疲れる試合ばかりですね(笑)
延長10回表、井上のソロアーチで勝ち越しますが、その裏は二死一二塁で一打同点、または逆転サヨナラもありえる場面、最後は益田が踏ん張りましたが、連日のヒヤヒヤゲームでした。

また井口監督、今日は大胆というか驚くような采配を見せましたね。
4-4同点で迎えた7回、回またぎで登板の永野投手が島内選手を打ち取り、打者は浅村選手の場面。当然東條投手にスイッチして浅村、そしてブラッシュを抑えにかかるかと思われましたが、何と交代したのは阿部投手。

二軍から上がってきてまだ今季2試合目の投手を持ってくるとは・・・
全マリーンズファンが不安にかられる場面になりましたが、阿部投手、四球2つ出しながら何とか凌いで無失点で切り抜けました。

そして9回裏、同じく4-4同点ですから通常であればクローザーの益田投手の出番ですが、今度は一昨日ブラッシュにサヨナラ3ランを浴びた酒居投手の登板です。
しかし彼もまた、走者を出しながら、マーティンのファインプレーにも助けられ無失点。井上の決勝アーチを呼び込みました。

連投していた東條・松永を休ませたいという思惑だったのか?延長にもつれこむ確信があったのか?わかりませんが、二人のどちらかが打たれて負けていれば、かなり叩かれる采配だったと思います。

ある意味、井口監督は賭けに勝ったといえるのかな?

まぁ、ここのところ毎日書いていますが、この時期はとにかく勝てばOK。
名采配か迷采配かわかりませんが、結果勝ったわけだから監督の決断は功を奏したということです。

次のカードはホームでのバファローズ4連戦。
前回は大阪で3タテ食らってますから、今度はやり返して最下位のバファローズに今シーズンの引導を渡したいですね。

残り22試合、当然全勝というわけにはいかないでしょうが、取れる試合は全部取って滑り込みでもいいから、CS進出。期待してます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。