【高校野球秋季関東大会2019】組み合わせ決定

ラグビーワールドカップ、凄い盛り上がりですね。10月12日の2試合の中止決定。残念です(安全第一だから仕方ないのですが・・・)。13日の日本-スコットランド戦は何とかやってほしい。日本の選手達も棚ぼたの決勝トーナメント進出など、望んでいないのではないでしょうか?
それはともかく、今日、来春センバツ出場を賭けた秋の関東大会の組み合わせが決まりました。

今年は群馬県での開催ですが、千葉県からは習志野、拓大紅陵の2校が出場します。
まず県大会優勝の習志野ですが、大会初日の19日に地元群馬の前橋育英との対戦。
去年に続いて初戦は群馬勢との対戦です。去年は延長タイブレークの大接戦の末、桐生第一を下しましたが、今年も習志野らしい、見ていて疲れる?、しかし最後には勝利をモノにする戦いを期待したいですね。

新チームになってからは、甲子園でも活躍した山内投手がエースナンバーをつけていますが、力で抑え込めるタイプではないので、実力が拮抗している相手には完投は厳しいでしょう。
飯塚投手が引退して、堀井投手、山根投手に代わりが務まるか?がキーになりそうです。
守備の堅さと打線のねちっこさは相変わらずのようですから、継投上手で知られる小林監督の采配にも注目です。
群馬は近くはないですが、13時からの試合のようですから日帰りで行けなくもありません。ぜひ見に行きたいと思ってます。

そして拓大紅陵、県大会準決勝では竹内投手が絶品の投球でした。
こちらは翌20日、埼玉県の花咲徳栄との対戦です。
一昨年の夏の甲子園優勝校、厳しい相手ですが、おそらく先発してくるであろう竹内君が自分のピッチングをすれば、勝機は充分だと思います。
見ていてほれぼれするような綺麗なフォームの投手ですので、元プロの和田監督の指導の元、大きく育ってほしい。

センバツは千葉勢2校出場を期待しています。
ともにブラスバンドのレベルの高さでも知られる両校、甲子園での応援合戦が実現すれば素晴らしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。