【M6-4L】鬼門の8回

昨日は2点リードを8回に追いつかれ、9回に逆転食らったマリーンズでしたが今日も似たような展開。
かなりヒヤヒヤしましたが、7回からハーマン・石崎・益田のリレーで何とか逃げ切り。
今カードの対戦成績を2勝2敗の五分に戻しました。

しかしジャクソン投手の退団で、8回が鬼門になってしまいましたね。
今日は石崎投手をもってきましたが、何とか1点に凌いだとはいえ、内容はかなり危なっかしいものでした。
彼、ストレートの球速は155K近くあり、確かに速いのですが、ストレート以外の球種でストライクを取れない感じですね。
8回表、1点取られてなお二死三塁の場面。フルカウント後、鈴木選手が焦ってボール気味の球を振ってくれたから助かりましたが、選球眼の優れた打者に冷静に見逃されていたら、昨日と同じようなことになりかねないところだったと思います。

どうでしょう、個人的には7回を東條・チェン・石崎あたりが一人一殺で凌いで。8回ハーマン、9回益田が良いのでは?なんて思ったりもします。
まぁ、長いシーズン、投手の無理使いにもつながりかませんので、あまり現実的ではないかな?

今日は3番抜擢2試合目の菅野選手の大活躍もあって、勝利を飾ったマリーンズですが、「鬼門の8回」しばらくは苦労しそうですね。
ファンにとっても心臓に悪い日々が続きそうです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。