【F3-4M】冷や冷やゲーム

ナイスゲームといえばそうなのですが、ホント見てて疲れました(笑)
ただ、昨日の雪辱を晴らす、内容の良いゲームでした。
先発の岩下投手、初回に2点先制されますが、2回以降は毎回のように走者を出しながら、何とか5回まで凌ぎます。

打線も岩下の頑張りに応えるように、5回表二死から下位打線でチャンスを作り、マーティンの同点打、菅野の逆転打。相手先発のバーヘイゲン投手も155K前後の威力充分で、しかもよく動くボールを軸に好投を続けていただけに、見事な逆転劇と言って良いと思います。

そして問題の?後半戦。
今日は6回から田中⇒石崎⇒小野⇒益田の繋ぎで何とか1点差ゲームを逃げ切りです。
石崎、小野は相変わらず変化球の制球がままならず、苦しい投球となりましたが、何とか無失点で逃げ切りましたね。
8回、私は当然ハーマン投手の登板だと思ったのですが、怪我ではないですよね?
3連投はさせないというチームの方針だったのでしょう。
ただ、小野投手も昨日の雪辱を晴らさんとする気迫溢れる投球ぶりでした。

また、井口監督、昨日の私のコメントを読んでくれたわけでもないでしょうが(笑)今日はDHレアード、サード安田のスタメンでした。
安田選手、三遊間の難しい当たりをゲッツーに仕留めたナイスプレーがありました。
試合の流れの中で、大きいプレーだったと思います。

明日以降もこの形、続けてほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。