【F7-4M】勝てない石川

石川投手、勝てませんねぇ。
今日は共に開幕投手を努め、未勝利どうしの有原投手との対戦でしたが、決して好調ではなかった有原に先を越される形になりました。

今日も味方が点を取った後にそれ以上の点を取られるパターンで、特に2-2の同点で迎えた4回、不調だった渡辺選手と今季まだノーヒットだった石川捕手に連続タイムリーを浴びて相手に主導権を渡してしまいましたね。
私はピッチングの専門家ではないので、何がどう悪いとはなかなか言えないのですが、再三のピンチで球数を費やしながら粘りまくっていた有原投手に比べると、何というか、淡々と点を相手に渡してる感じでした。
どうもこの数年の石川投手、粘るわけでもなく、気迫で押し込むわけでもなく、何となく淡々とランナーを出し、淡々とタイムリーを打たれ、普通に負けているといったゲームが多いですね。
厳しい言い方ですが、とてもエースとは言えないと思います。

打線の方は、再三チャンスを作りながら、フラフラの有原を捉えきれませんでした。
ただ、スタメン落ちのレアードが代打で一発を放ち、期待の安田もマルチヒット。
明日に繋がる好材料もありました。

明日は種市投手の先発。今日のモヤモヤ感を吹き飛ばす、若者らしいケレン味のない、気迫溢れる投球を期待したいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。