【L3×-2M】ライオンズのバント攻撃

悔しいサヨナラ負け、残念でなりませんが、やっぱりさすがライオンズです。
2-2の同点で迎えた最終9回裏、先頭の源田選手のバントヒットから、森選手の送りバント。
最後は外崎選手の左前安打でサヨナラ・・・
ホント悔しいけど、ここぞという場面で三番打者に送りバントをさせ。また森選手が絶妙に決めるあたり、さすがに勝ち方を知っているライオンズです。

今日は先発の石川投手が、ストレートの球速は上がらないながら、丁寧に低めに変化球を集めて、珍しく?好投していただけに、何としても獲りたい一戦だったのですが・・・
残念です。

やっぱりライオンズの盤石の救援陣が出てくる前に、リードしておかないと厳しいということですかね?

マリーンズも安田選手のタイムリーがあったり、決して内容の悪いゲームではなかったのですが、ただただ残念。
このカード残り2戦、儚い望みですが(笑)、せめて一つは獲ってほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。