【Bu5-5M】勝ち切りたかった・・・

6回終了時で1-5のリード。久々の楽勝ゲームかと思いきや・・・
やっぱりバファローズも、前回6タテ食らっているだけに、どうしても7連敗は避けたいと、終盤は気迫全開で攻めてきました。

7回。2-5となった一死二三塁で先発美馬を引き継いだ松永、いかにも制球不安定でした。四球で満塁にした後、代打伏見にはフルカウントから散々粘られ、ストライクを取りにいって痛打されましたね。
もともと自然とボールが際どく入ってくる投手ですが、今日は主審の激辛ジャッジにも泣かされました。
どちらともとれるような球は、ことごとくボールにされてましたね。

そして追いつかれた9回。
これは言いたくないですが、守備固めで三塁に入っていた鳥谷。実質2つのエラー(同点になった当たりは記録はヒット)・・・
確かに両方とも多少のイレギュラーはしたかもしれませんが、何とか前にはじいてほしかった。
通算100セーブをお預けにされた益田は気の毒でした。
まぁ、相手は大ベテランのレジェンドですから、文句も言えないでしょうが・・・

その後のあわやサヨナラの場面、マーティンのスーパーバックホームでかろうじで同点止まり。
10回裏は唐川が制球良く三者凡退に抑えて、最後は引き分けに持ち込みはしましたが、印象とすれば勝ちゲームを落とした感の方が強いですね。

打線も9回は一死満塁。10回は一死二三塁のチャンスを作って、突き放すチャンスはあっただけに残念なゲームになってしまいました。

ただ、何とか踏ん張りバファローズ戦無敗記録を続けたことも事実。
特に昇格してからの唐川投手の安定ぶりは心強いですね。

あと、やっぱり福田の一番はもうやめてほしいなぁ。
今日も6打数1安打。打率0.125ですからねぇ、その1安打が特大のホームランだったとはいえ、彼の役割はポテントゲッターのマーティン・安田・井上を迎える前に塁に出ること。
二番中村が機能しているだけに、余計彼の出塁率の低さが目立ちます。
一番中村、二番菅野あたりでいいんじゃないかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。