【Bu1-12M】バファローズ戦無敗継続

昨日は悔しい引き分けだったマリーンズ。今日は「どうしちゃったの?」と思うぐらいの打線爆発。バファローズに1分け挟んで7連勝。依然無敗状態を保ちました。
ホント、昨日までが嘘のように打線が繋がりまくりましたね。

大量点のきっかけを作ったのが、今日も4番に座る安田選手。
彼が得意としている内角ベルトよりやや低いゾーンのストレートを、打ち損じることなく、きっちり左中間に持っていきました。
次の打席では落ち着いて四球を選んでいますし、選球眼が良くしかも好球必打!、日々の着実な成長が窺えます。

試合は4回にその安田の2点タイムリーの後、井上出塁後に菅野ツーラン。
5回には満塁から井上の2点タイムリー。このあたりでゲームが決まりました。

先発の小島投手も、切れのあるボールをきっちり低めに集めて危なげありませんでした。
年に恐らく数回もないであろう?安心して見ていられるゲームでしたね。

私はBS12の副音声で見ていたのですが、解説の里崎氏も吉田アナもすっかり安心してか?
試合展開そっちのけで、AI審判の是非やら、スポーツ界の同性同名探しやらの話題に楽しそうに熱中してましたね(笑)

相手のバファローズですが、先発の鈴木投手の不調というより、先制されたことで「今日もやられるのでは?」とチーム全体が浮足立っていたように見えました。
マリーンズがライオンズとやるときは、あんな感じなのでわかる気がします(笑)
力量差がそれほどあるとは思えませんが、勝てるときに勝っておくのが勝負事の鉄則。

相手が委縮しているうちに、勝ち星積み重ねておきたいですね。
明日の先発、岩下投手の勢い溢れるピッチングに期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。