【Bu0-4M】中村投手、今季初勝利

バファローズ先発は、一昨年からマリーンズが大の苦手にしているアルバース投手。
一方のマリーンズは、2戦続けて内容の良い投球を続けている中村投手の先発。
投手戦になるのでは?と予想していましたが、その通りの展開になりました。

マリーンズ打線がアルバース投手に翻弄されるのは、いつものことですから驚きもしませんが、結局7回まで2安打に封じ込められます。ただ、そのうち1本がマーティンのホームランだったのはラッキーでした。

そして中村投手、アルバースを上回る素晴らしい内容でしたね。
6回1安打無失点。バファローズの中心打者達にほとんど自分のバッティングをさせていませんでした。
彼、150K超えの速球を持っているわけではないのですが、ゆったりしたモーションから右打者の内懐に食い込むストレートは絶品です。
攻める気持ちが伝わってきますね。

8回までは1点リード、その8回。ハーマンがバタバタして一死満塁のピンチ。
どうなるかとヒヤヒヤしましたが、ハーマンが踏ん張ったというより、バファローズのT-岡田選手、伏見選手が勝手に焦ってボール球を振ってくれたって感じですかね?
冷静に見極められていたら危なかったと思います。
バファローズにしてみれば、今季1勝9敗の相手への、わけもわからぬ怯えがあったのかもしれません。

そして9回、マリーンズも一死満塁のチャンスを作り、こちらは四番安田のレフトオーバーのタイムリーが出て、試合を決めました。

中村投手、途中ヒヤヒヤの場面もありましたが今季初勝利をゲット。おめでとうございます!!
今季3度の先発、いずれも内容のある投球でしっかりゲームを作っていますから、しばらくは「サンデー稔弥」が決定的です。
種市、二木、小島、岩下、そして中村。若い先発陣が切磋琢磨して、マリーンズが投手王国と呼ばれる時代がすぐそこに来ていると思いたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。