【M3-1F】何安打でも勝てば良し!!

マーティン選手、恐るべしですね。
今日で4戦連発、それも全て勝利に直結する場面での一発。外角気味のボールを踏み込んで早めのポイントで捉え、ライトに運ぶ技はちょっと日本人には出来ないというか、それも飛距離充分の当たりばかりですからねぇ。いや凄いわ・・・

しかし今日のゲーム。5回の彼の3ランを含めても、たったの3安打。
マーティンが凄いのはもちろんですが、少ないリードを救援陣が上手く守り切りました。
特に6回に投げたフローレス投手。前回7月12日の先発登板では3回6失点でKO。
担ぎ投げというのでしょうか?右腕を直角にして小さく上げて、そのまま投げ込んでくる面白いフォームの投手です。
なかなかタイミングが合わせづらそうですし、ストレートの威力もありそうなので、1回の失敗で見切らないでほしいなぁ、と思っていました。

今日は、ストレートが低めに決まって1四球のみで無失点に押さえ、初ホールドをゲットですね。
問題は変化球の制球力なのでしょうが、日本のマウンドで場数を踏んでいくうちに改善が期待できるのでは?と勝手に思っております。
米マイナーやメキシコリーグ、日本の独立リーグを経て育成契約から這い上がった苦労人だけに、応援したいですね。

そしてその後も、唐川ーハーマンー益田の継投が決まって、先発美馬にホーム初勝利をプレゼント。
強いチームは、こういう打線が湿ったゲームでも競り合いを拾っていくもの。
今日はいい勝ち方をしたと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。