【M4-6H】最後の反撃及ばず

金曜までの勢いでいけば、土日は楽に連勝などと思っていたのですが、やはりそうそううまくはいきませんね。
2-6の4点ビハインドで迎えた9回裏、清田、鳥谷の代打起用が当たってチャンスメークの後、中村奨吾のタイムリーで2点差に迫り、なお一死一二塁で安田・井上に回ってくる絶好の反撃機会でしたが、相手クローザーの森投手、さすがに落ち着いていました。

結局土日連敗です。しかし、それでも対ホークス6連戦、3勝2敗1分け。1つ勝ち越しだからまずまずかな?

来週からは、通常年と同じ3連戦スタイルに戻りますが、いきなり相性の悪いイーグルスと、それも敵地での対戦です。
鈴木大地、涌井らマリーンズからの移籍組にやられているので、そろそろこちらの元イーグルスの面々にも活躍してほしいものです。

初戦先発予定の美馬投手、前回登板ではホークス相手に8回まで彼らしい粘りの投球をしていました。
大地の人的補償でやってきた小野投手も、150K超えの速球が低めに決まり始め、ここ数試合の内容は良くなっていると思います。

先ほど終わった半沢直樹ではありませんが、二人の古巣への倍返しか恩返しか?
どっちでもいいですが(笑)、とにかく好投してほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。