【M2-0Bu】中村投手、あわやノーノー

先発の中村投手、素晴らしかったですね。
初回から腕をしっかり振って、クロスファイアのストレートがビシビシ決まってました。
タイミングをはずす大きなカーブも効果的で、7回終了時でノーヒットピッチング。
あわや・・・と思わせましたが、8回先頭の安達選手に右中間ツーベースいかれてしまいました。
私の記憶では、千葉移転後、マリーンズの投手のノーヒットノーランは無かったはずなので(やられたことはありましたが)、期待したのですが、残念!!

ただ、それでもチームとしては6回の2点を完封で守り切っての勝利。ナイスゲームでした。
中村が初安打を打たれた後、マウンドに登って、またまた圧巻の投球を見せた澤村投手。
凄いです。150k台半ばのストレートは威力充分。チバテレ解説の初芝さんもベタホメでしたが、ストレートとほとんど球速の変わらないフォークを持っていますから、ちょっと相手打者も手が出ない感じですね。
まったく、なぜあれだけの投手をジャイアンツはあっさり放出したのか?

メンタルが弱いようにはとても見えませんし、謎ではありますが、マリーンズにとってはこのうえなく頼もしい援軍です。
これで勝ちパターンの救援投手が4人(益田・ハーマン・唐川・澤村)になり、少なくとも投手陣については、ホークス追撃の体制は整っていると言っていいでしょうね。

後は打線ですが、相変わらず湿ってますね(笑)
チャンスで打席に立った安田にしても柿沼にしても、何だか四球狙いといった風情で、物足りないことこのうえありません。
初芝さんも「振らなきゃ始まらない」とコメントされていましたが、特に安田選手、一発狙いにいくぐらいの気持ちでフルスイング。
お願いします!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。