【M5-0Bu】ついにアルバースを攻略

当たり前のようにバファローズを3タテ。
二木の完封劇も見事でしたが、昨年からやられっぱなしのアルバース投手をついに攻略。3アーチを浴びせて5回KOに追い込みました。
投打の噛み合ったナイスゲームでしたね。

右打者がしっかり引きつけて打てるかが攻略のカギだと思っていたのですが、中村奨吾の活躍が目立ちました。先制の3回、一塁にマーティンを置いてフルカウントからエンドランを決めライト線二塁打。安田のタイムリーを呼び込みました。

そして次の打席では、実質試合を決めるレフトスタンド中段へ叩き込む見事なアーチ。
ヒロインには二木とともに安田が呼ばれていましたが、打のMVP、今日に関しては中村だったと思います。
今日は5番を打ったやはり右打者の清田にも一発がありましたし、打線全体が好球必打で強いスイングが出来ていました。
今日初スタメンで、二木の完封をアシストした江村捕手も、リードが良かっただけでなく、引きつけてしっかり振れていましたね。
今季初安打は出ませんでしたが、しっかり捉えた打球がたまたま外野手正面に飛んでいただけで、内容のある打席だったと思います。

これで首位ホークスに0.5ゲーム差。実質並んだようなものです。
明日からは所沢でのライオンズ戦。ここ数年、どうもコンプレックスというか力の差を感じさせられている相手ですが、今の順位はマリーンズが2位。ライオンズは5位。
去年までのマリーンズでもライオンズでもないと信じて、相手を見下ろす気持ちで臨んでほしいですね。
苦手投手の多いライオンズ先発陣の中では、わりと捉えている印象のある高橋光成投手が明日の先発。
初戦さえ取れれば、今の勢いの違いは明白ですから、一気に3タテ行けそうな気もします。

まぁ、そう甘くもないかな?

ただ、優勝のためには、バファローズのようなお得意さんから貯金を稼ぐだけでなく、分の悪いライオンズやイーグルス相手に、いかに五分以上に戦うか?も大きなキーポイントになるはずです。
その意味では重要なビジターゲームになりますね。
勝ちパターンの救援投手を休養充分で送り込めるのが、好材料になると思います。
期待しましょう。

あと、今日は残念なニュースが一つ。
肘の違和感で離脱中だった種市投手、トミージョン手術を受けていたとのこと。
これまでの例から考えて、復帰には1年以上かかると思われます。
意外と重傷だったのですね。
力投型の投手だから、どうしても肩肘の負傷リスクはあるのかな?

ファンの立場からすれば、未だ若い投手ですから、焦らずじっくり治して、と望むしかないのですが、ピッチングでも粘り強い彼のことです。リハビリに心が折れることはないと思いますし、ケガ明けにはさらに逞しくなってマウンドに戻ってきてくれることを信じたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。