【L3-1M】踏ん張りどころ

今日のライオンズ先発は浜屋投手。私は初見の投手でしたが、昨年のドラフトで2位指名のルーキーだそうです。
ただ、ファーム焼けした童顔に似合わず?老練な投球ぶりでしたね。
左腕のサイドスロー。同じチームの榎田投手の似た感じの投げ方で、いかにもマリーンズが苦手にしそうなタイプです。
今日はルーキーとは思えないストライク先行の落ち着いた投球。昨日の嫌な負け方を払拭したいマリーンズ打線を手玉にとって、6回1失点。素晴らしい内容でプロ初勝利を飾りました。

マリーンズにとっては、前カードでやっと苦手左腕のアルバースを攻略したのに、新たな天敵誕生といったところでしょうか?
毎度毎度、同じような左腕の技巧派にやられるのが常になっています。
ファンとしても、ホント何とかしてほしい。
今日は、フルスイングタイプの井上をスタメンから外して、ボールを手元まで引き付けるタイプの三木を7番に入れてきましたが、特に効果はありませんでした。

また、ゲーム以外でも残念なニュースが一つ。
昨日、逆転2ラン食らって敗戦投手になったハーマン投手。
今日、登録抹消になってしまいました。
「1本ホームランを打たれたぐらいでなぜ?」と思っていたのですが、右手第2指伸筋腱損傷なる長い名称のケガだそうです。
今年のマリーンズは、救援投手を大事に使っていて、ハーマンにも3連投はさせていないのですが、やっぱりケガはする時はしてしまうのですかねぇ?

まぁ、してしまったものは仕方ありません。
ある意味、澤村投手を獲っておいて良かった、という前向きな?見方もあります。
右手の指ですから、ハーマンのような右腕の速球投手には大事な部位。投手生命にかかわるような深刻なケガでないことを祈りますし、チームにも、彼の復帰まで何とか首位に食らいついて、ズルズル落ち込むようなことがないように願いたいですね。

ただ、明日の相手先発は、またしても左腕の技巧派の内海投手。
「嫌がらせか?」とも言いたくなりますが、マリーンズとしては、今のところ今シーズン最大の踏ん張りどころといえるかもしれません。
今の打線に、内海を早い回で攻略というのは厳しい気がします。何とかこちらの先発の岩下投手に踏ん張ってもらって、僅少差の展開で6,7回あたりに足を絡めた攻撃でリード。終盤は澤村-唐川-益田のリレーで逃げ切るというのが勝利プランになるでしょうか?

別に他の内容の展開でも構いませんが、とにかく明日は何としても獲らなければならないゲーム。
ナインには綺麗に勝とうとは思わず、泥臭い全力プレーを期待したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。