【F3-1M】一言で言うとリズムが悪い

ホークスが負けてくれたので差は広がりませんでしたが、点差以上に内容の悪い完敗のゲームでした。
ローテの谷間の先発となった石崎投手。結果的に3回1失点はまずまずかもしれませんが、打たれてもいないのに5四球。いかにもリズムが悪かったですね。

とにかく変化球でストライクが取れないので、ストレートばかり続けて、よく1失点で済んだものだと思います。
また、今日は際どい球がことごとくボールに取られていた印象があるのですが、あれ、キャッチャーの捕球技術が影響していたのかな?
佐藤捕手、今日はプロ初スタメンでしたが、序盤は3盗塁決められフリーパス状態でしたし、打撃に秀でたものはありますが、レギュラーキャッチャーへの道はまだまだ険しいと言わざるを得ませんね。

結局、序盤のリズムの悪さが響いて、逆転への機運が作れなかったゲームであったように思います。

今季、まだ3連敗のないマリーンズ。
明日は、いつもしっかりとゲームを作ってくれる美馬投手の先発です。
当たりの止まっているいるマーティン、中村らの奮起で早めの先制。開店休業状態の益田投手に最後を締めてもらう展開。
我々ファンとしては期待するしかありませんが、とにかく落とせない一戦。
死に物狂いで、ひっちゃきに勝ちにいってほしい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。