【F3-5M】美馬投手114球が報われた

初回にいきなり3点取られて、どう見ても劣勢のゲームでしたが、さすがに逆転のマリーンズ。見事な粘り勝ちでした。
特に先発の美馬投手、初回にバタついて、しかもバッテリーエラーもあっての3点献上は不本意だったと思いますが、その後8回まで無失点で凌いだのは見事でした。

勝利投手にはなれませんでしたが、粘りに粘っての114球。延長勝利を引き寄せたナイスピッチでした。
ここのところ振るわなかった打線。今日も中村、マーティンらは音無しで、苦しいゲーム運びになりましたが、3番抜擢の佐藤選手の2ランと、延長10回表、加藤選手の彼らしい振りぬいたセンターオーバーの決勝2点タイムリーでゲームを決めました。

今日、ホークスが負けてくれたので、また首位まで1.5ゲーム差です。
相手はともかく、マリーンズとしては1試合1試合、丁寧に粘り強く戦って、最後にうっちゃってレキュラーシーズン1位を目指したいですね。
その意味で、今日はほとんど負けていたゲームを追いつき、勝ち越したナイスゲームたったと思います。

1日空いて、明後日からは涌井、鈴木大地らが待ち受ける仙台でのイーグルス戦。
ただ、優勝争いしているのは彼らのイーグルスではなく、我らがマリーンズです!!

シーズンも残り1/3。ここまで来たらとにかく一戦一戦、必死で戦うしかありません。
LetsGo!!、MARINES!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。