【M8-4H】再び1ゲーム差

序盤にビッグイニングになっているこの3連戦。
今日はマリーンズが初回に4点。2回に3点をあげ、終始優位にゲームを進めて快勝。
再び首位ホークスとのゲーム差を1としました。
まぁ、マリーンズ打線が爆発というよりは、相手先発の二保投手が四死球連発で自滅してくれたという方が的確かもしれませんね。

ただ、それでも今一つ調子が上がらなかった井上がタイムリーツーベースが2本で4打点。ケガ明けの福田が4安打の固め打ちで3打点。
特に福田選手、ようやく本領発揮状態になりつつありますね。
好条件のFA移籍の選手だけに、いろいろプレッシャーもキツかったでしょうが、ようやく新天地の環境に慣れてきたのでしょうか?
プレーに伸び伸び感が出てきて、今後期待できそうな感じです。

また、久々のヒロインに呼ばれた井上選手。
学先輩(美馬投手)の先発日なので気合が入った、というようなことを言っていました。
彼、確かに中大先輩の美馬投手の登板日は良く打ちます。
ただ、先輩の登板日は気合が入って良く打てるなら、普段から気合を入れて打ってほしい(笑)

その美馬投手、5回4失点ですから、あまり褒められた内容でもありませんでしたが、少しアンパイアの判定に泣かされたかな?
3、4回あたりは苦しい投球でしたが、それでも彼らしく多彩な球種を操る粘りのピッチングで、チームトップの8勝目をゲット。
ハーラートップの涌井投手に1勝差に迫りました。

ここまできたら最多勝、狙ってほしいですね。
マリーンズ⇒イーグルスの涌井投手には負けてほしくないなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。