【センバツ2021】専大松戸、初戦の相手は中京大中京

今日行われたセンバツ組み合わせ抽選
時勢を反映して、リモートで行われたようですが、専大松戸、初戦から厳しい相手を引いちゃいましたね(笑)

中京大中京といえば、強豪ひしめく愛知でも名門中の名門校。
相手エースの畔柳(くろやなぎ)投手、最速151kのプロ注目の本格派とのこと。
専松としては、エース深沢君の好投で何とかロースコアの展開に持ち込むしか勝ち手はないかな?

2年前のセンバツ、本命星稜と初戦で当たり、やはりロースコアの展開で剛腕奥川君からもぎ取った2点を守り切った習志野にあやかってほしいですね。
(まぁ、あの試合は思い出したくもないサイン盗み騒動もありましたが・・・)

今年の大会は観客数も制限され、鳴り物応援も禁じられるようですが、閉塞した世間の空気を吹き飛ばす元気一杯の野球をしてほしいと思ってます。
特に専松は昨夏の県独自大会で準優勝に終わり悔しい思いをした先輩達の分まで、老練な持丸監督の元、甲子園で伸び伸びと、自分達の力を発揮してきてほしい。

頑張れ専大松戸!! 期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。