【M0-5E】開幕4連敗

ホーム開幕戦。マリンには上限1万人にほぼギリギリの観客が詰めかけました。
ただ、ゲーム内容はファンの期待を大きく裏切るお寒いものでしたねぇ・・・
昨年からやられっぱなしの岸投手には、今日も手も足も出ず。
また、これもやられっぱなしの浅村選手に先制ソロと追加点のタイムリーを浴び、抵抗らしい抵抗もできずに完敗。
情けないことこの上ない・・・

これで開幕4連敗。
なにやら、超貧打で圧倒的最下位に沈んだ2017年を見るかのような雰囲気になってきました。大丈夫でしょうか?

あの年の先発投手陣は「一点でも先制されたらアウト」とばかりに、ビクつきながらコーナーを狙って、カウントを悪くして相手主力にガツンと行かれる、というのが定番になっていましたが、何だか今日の小島投手もそんな感じでした。

序盤はストレートが走り、緩急も冴えた素晴らしい内容だったのですが、3回に先制を許してからは、徐々に投球から思い切りが消えていってしまいましたね。
今日はチバテレの解説だった里崎氏、持論の「ピッチャーを育てるのは打線」理論を盛んに展開していましたが、小島にしてみれば、岸の出来と自軍の打線の振りを見て「とても援護は期待できない」という思いだったのでしょうか?
回を追うごとにピッチングが窮屈になっていくのが、素人目にもわかりました。

打線、相当重症というか、点の捕れそうな気配がまったくしませんものね。
先週のホークス戦の解説だった松中氏は「ボールを呼び込みすぎて皆詰まらされている」と語っていました。昨年、四死球を多く取れたのに味をしめて、ボールをよく見ようとしすぎてバットとボールの距離が取れていないと・・・
確かにそんな感じは見受けられます。
若い安田や藤原も、狙いを絞ってフルスイングというより、タイミングを崩されながら振り遅れて何とか当てるのに汲々としているというのが、実態なんでしょうね・・・

もちろんファンとして、1日も早い連敗脱出を望んでいますが、この感じだとまだまだ出口は遠そうです。
明日、明後日は平日のデーゲーム。
試合を見ることができないことを、かえってホッとしてしまうのが情けないですね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。