【F5-6M】初めて競り勝った

冷や冷やながら、何とか逃げ切ってマリーンズ3連勝!!
開幕5連敗にはどうなることかと思いましたが、投打とも立ち直ってきましたね。
7回の二死無走者からの5得点、相手が勝手に四球を連発してくれたこともありますが、逆転打の藤原選手の左前打、そしてゲームを決定づけた満塁からの中村選手の走者一掃の右中間タイムリー。
勝負所で思い切って振りにいく勇気が功を奏しました

ただ、不安一杯の救援陣。
今日も危なかったですねぇ(笑)

4点リードの7回から、唐川-小野-益田と繋ぎましたが、8回の小野投手は3失点。
150K台半ばのストレートがあるのですが、タイミングをはずす変化球が制球不安定。
9回の益田投手は、ランナーを二塁に置きながらも何とか逃げ切って今季初セーブを飾っただけに、8回をどうするか?
ハーマンにするか小野にするか?
しばらくは試行錯誤が続きそうですね。
むしろ8回を唐川投手にして、7回は小野・ハーマン、そして今日今季初勝利を飾った田中投手で何とか凌ぐというスタイルもありかもしれません?

現代野球、7~9回を逃げ切れる投手の存在が優勝への絶対条件ですからね。

ただ、何だかんだで今季初めて1点差ゲームを逃げ切れたのは大きかったと思います。
まず明日、ドラ1鈴木投手にプロ初勝利をプレゼントしてファイターズを3タテ。
お願いしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。