【E2-2M】悔しい引き分け

今シーズン初めて、ロースコアでの逃げ切りゲームが見られると思ったのですが、土壇場で追いつかれて悔しいドローになってしまいました。
9回裏は、いつもやられている印象しかない浅村選手からだったので、嫌な予感はしたのですが、やっぱりってとこですかね・・・?

でも、センターより少し右にいっただけのポテンヒット気味の打球で、決して俊足ではない彼、よくセカンドまで走りましたね。
アウトになったら暴走と非難されそうな走塁でしたが、あのあたりの度胸一番がさすがにゲームの勘所をよく知ってる選手という感じがします。

結局無死一三塁から鈴木大地選手の右飛で同点、そのまま引き分けでゲームセットという結末でした。

投手陣に関しては、先発小島が6回1失点のクォリティスタート、不調をかこっていたハーマンが1点リードの7回を三者凡退、8回の唐川も危なげない投球で、いい流れだったんですけどね・・・
特にハーマンは得意のナックルカーブが低めに落ちて、ストレートもかなり打者を押し込んでいましたから、完全復活も近いかな?と思わせるナイスピッチでした。
ただ、なかなか3人揃わないですねぇ(笑)
クローザーの益田、今日は3安打浴びてのセーブ失敗。
大地選手の同点犠飛も、右中間を抜かれてサヨナラになってもおかしくない打球で、あらかじめ後ろ目に守っていたマーティンのナイスジャッジに救われた格好です。

むしろ同点止まりだったのはラッキーと見るべきゲームだったのかもしれませんね。

まぁ、ただ今日みたいな接戦を獲っていかないと、絶対に勝率は上がりませんから、まだまだ前途多難のマリーンズです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。