【Bu3-3M】安田選手、行って来い?

価値ある引き分けと言うべきでしょうか?
3点ビハインドの8回、一死一二塁から四番安田、漆原投手から内角低めのスライダーをバット一閃、ライトスタンドへ飛び込む同店アーチ。
これぞ四番という一撃で、ほぼ負けだろうなというゲームを終盤で何とかドローに持ち込みました。
7回無失点の相手先発山岡投手、素晴らしい投球ぶりだっただけに、気の毒ではありますが、これが野球ですね・・・

ただ、安田選手、その前の7回、何でもないサードゴロをファンブルエラーでリードを1点から3点に広げられるきっかけを作ってるんですよね。
まぁ、行って来いというところでしょうか・・・?

それでも、9回裏、不調気味の益田投手、何とか0に抑えましたし、7回までゲームを作った二木投手を含め、まずまずの結果でしたね。

明日は、今マリーンズで最も信頼できるといって差し支えない美馬投手の先発。
今日の粘りの引き分けを無にしないような、打線の奮起を期待です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。