【H8-8M】シーソーゲームの果てに

いやはや、とんでもないゲームでしたね。
マリーンズは3-0のビハインドの5回に6点。逆にホークスは3-6の7回に5点。
結局9回の表、モイネロを捉えたマリーンズ、代打エチェバリアの三遊間タイムリーと荻野の犠飛で追いつき、そのまま引き分けに持ち込みました。
まぁ、負けなくて良かった・・・

しかし5回の表、それまで和田投手にパーフェクトに押さえられていましたが、見事な連続攻撃でした。
レアードの3ランで追いついた後も、藤岡の二盗など足を絡めながら、荻野・マーティンが連続タイムリー。
今まで、緩急自在の投球にやられっぱなしだった和田投手から打者一巡の猛攻というのは、初めてじゃないかなぁ?

また9回も相手がモイネロ投手だけに価値ある同点劇でした。レアードのエラー出塁の後の岡、よく粘って四球とりましたね。

ハーマンの5失点は不安ですが(とにかくストレートも変化球も真ん中付近に入りすぎました)、和田・モイネロといった、これまで手も足も出なかった投手達を打ち込んでの8得点。
勝ちに等しいとまでは言いませんが、今後に影響する価値ある引き分けだったと思います。

ゲームのポイントは他にもいろいあったと思いますが、今日はもう眠いです(笑)
おやすみなさい・・・

にほんブログ村 野球ブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。