【M4-4L】またまた土壇場で追いついた

私、以前のコメントでレアード選手に年齢的な衰え、といったようなことを書いてしまったのですが、ホントにゴメンナサイ。
9回裏、2点ビハインドからの同点2ラン。まさしくバット一閃といった感じの見事な一撃でした!!

そして、一昨日のホークス戦に続き、またしても土壇場で2点差を追いつく引き分けゲームになりましたね。

レアードの一発の後、二死満塁まで追い詰めて打者マーティンの場面だっただけに、もう一押しでサヨナラを期待しましたが、ギャラードに代わった森脇投手、最後は踏ん張りました。
チパテレ解説の初芝さん。森脇投手はセガサミー監督時代の教え子だっただけに複雑そうでしたね・・・

ただまぁ、よく2戦続けて負け試合を引き分けに持ち込んだと思います。
ひょっとしたらひょっとして、シーズン終盤。この2戦が大きな価値を持ってくるかもしれません?

ひとつ残念なのは、相手先発の高橋光成投手。連勝中なので髪を切っていないらしいのですが、ノムさんじゃないですけど、いかにもみっともないというか自堕落的というか?
70年代ぐらいのヒッピーのような出で立ちでした。
マリーンズ打線がKOして、さっばり散髪させることができなくて残念です(笑)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。