【Bu6-5M】寂しい無観客試合

ゲーム内容は追いつ追われつの白熱戦だったのですが・・・
モヤ選手の2発にやられました。
前々から「当たればデカイ」打者でしたが、2回の一発、外野5階席まで運ぶ物凄い飛距離でしたね。
京セラであそこまで飛んだアーチは、ちょっと記憶にありません。

それでもマリーンズ、2点ビハインドの9回は粘りを見せました。
二死一二塁から、三遊間の当たりをレアードが懸命に走ってセーフにして、なおも1点差の二死ニ三塁まで追い詰めたのですが・・・
最後は代打井上、村西投手に中飛に打ち取られゲームセット。
1点が届きませんでした。

相手は勝ちパターン継投が確立できていないチーム、今日もK-鈴木から村西に繋ぐアップアップのリレーでしたが、付け込みきることができませんでした。
8回に紅林の犠飛で取られた1点も効いちゃいましたね。
幸先よく先制しながら勝ち切れないゲームが続いていますが、先発が中途半端な回で降板してしまう(一昨日の佐々木は5回、今日の二木は4回)ので、中継ぎ陣のところで流れに乗れない感じがしますね。
明日の岩下、相手は山本投手ですからかなり苦しいゲームになりそうですが、山本に着いていくイメージで、6、7回まで粘ってほしい。
厳しいかな・・・?

それはそうと、昨年序盤以来、久々に見る無観客試合。
やっぱり寂しいものですねぇ・・・
解説の藤井康雄さんも、「お客さんが入っていたら、盛り上がる好ゲームだったのに」と再三言ってました。
大阪の医療崩壊はかなり深刻のようですから、NPBとしても協力は当然なのでしょうし、措置の是非についてとやかく言うつもりはまったくないのですが、ファウルがスタンドにぶつかった後、ゴロンゴロンする音まで聞こえちゃうのは、何とも言えず場末の球場感があって、ちょっといたたまれない気持ちがしますね・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。