【M4-4F】油断と執念

4-4の引き分け、マリーンズサイドからすれば、先発の本前投手が5回1失点、期待以上の好投を見せたゲームだっただけに、勝ち切りたかったですね・・・
本前投手、右打者の内懐に決まるインサイドのストレートが効いてました。
5回でマウンドを降りましたが、88球、もう1回ぐらい行けそうでしたね。
勝利投手になれなかったのは残念でしたが、育成契約から這い上がってローテの一角を充分狙える位置につけてきました。

3-3の同点から1点ずつを取りあった8回、まず取られた方ですが、佐々木千隼投手、無死一塁から元気者の万波選手を注文通りの三振ゲッツー。
ただ、その後油断でしたね。
清水選手にまさかの一発、千隼投手、ホッとしたわけでもないでしょうが、やられました。
集中力を欠いていたように見える、真ん中付近の甘い変化球だったのは確かだと思います。
ただ、これまでほぼ完璧な救援ぶりだった彼、仕方ないかな・・・
初のオールスター選出、おめでとうございます!!

そして1点取った方、和田選手の走力を最大限生かしました。
レアード選手四球の後、代走で出た彼、ロドリゲス投手のモーションを盗み切って二盗、相手守備の乱れを見切って更に三進。
マーティン選手の犠飛で生還。
勝利への執念を感じさせる、ノーヒットでの同点劇。
9回サヨナラへの期待は高まるばかりだったのですが・・・

結局最終回は無死走者を出しながら、荻野選手、藤原選手が河野投手に封じ込められました。
ただ、相手の半分の6安打での引き分けですから、まぁまぁかな?
なかなか内容のある面白いゲームでした。

今日の先発は、このところ勝ち運に恵まれている小島投手。
相手打線も好調ではありませんから、丁寧に投げれば先手先手のゲーム展開も充分可能でしょう。
期待したいと思います。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。