【夏の高校野球2021】千葉大会決勝

熱戦中の熱戦。凄いゲームになりました。
昨年の独自大会決勝と同じ顔合わせ、昨夏優勝の木更津総合と今春センバツ出場の専大松戸。
本命同士の顔合わせとなった2021年千葉大会決勝。
延長12回を戦っても決着つかず、タイブレークとなった13回裏、一番の吉岡選手、何と満塁サヨナラアーチで白熱のゲームにケリをつけました。
専松ナイン、春夏連続、そして夏は2回目となる甲子園出場、おめでとうございます!!

それにしても、凄い展開になりましたね。
木総打線は序盤に専松エースの深澤投手を捉え、大西選手の2ランなどで3-0のリード。
専松打線は2点差にした5回にビッグイニングを作ります。
相手の守備ミスにもつけ込み、二番の苅部選手のタイムリーなどで一挙5点。
3-6として、木総エースの島田投手をKO。
苅部選手、島田投手の緩いカーブを狙いすましてレフト線に運んだ見事な一打でした。
彼、4回の1点のキッカケになる内野安打もありましたし、ゲームのキーになる場面で渋い活躍を見せていました。
チバテレ解説の大野さんも「影のヒーロー」と褒めてましたね。

そして8回、今度は木総が4回から好投を続けていた岡本投手を捉えます。
六番、水野選手のタイムリーなどで3点。一気に同点に追いつきました。
専松の岡本投手、このあたりでは肩で息をしていて苦しそうでしたが、なおも続くピンチ、スクイズを外して同点で留めたのは、キャッチャーの加藤選手ともども見事でした。
岡本投手、結局4回から13回までを一人で投げ抜きましたね。
8、9回あたりはアップアップでしたが、この炎天下で決して集中力を切らさない精神力の強さが感じられました。
ストレート最速は140K弱、昨今の高校生としては、決して速くはありませんが、オーバーハンドから投げ下ろすストレートはよく低めに決まり、大きなカーブとのコンビネーションも良かったですね。

7回途中から登板の木総、神子投手もサイドハンドから内外角に上手くボールを散らしていて、岡本投手に負けない好投ぶりでしたが、最後は残念でした。
タイブレークで無死一二塁からの三塁線送りバントをセーフにしてしまったのが効いてしまいました。
押し出しでもサヨナラですから、彼得意のコーナーワークが発揮できずに、甘めのボールで勝負にいかざるをえませんでしたね。
もちろんそれをライトスタンドまで運んだ吉岡選手が素晴らしいのですが、神子投手のナイスピッチも強く印象に残るゲームでもありました。

明暗は別れましたが、両校ナインとも力を尽くしあった、県高校野球史上に残る、見事な決勝戦であったことは間違いありません。

千葉代表として甲子園に臨む専大松戸ナイン、悲願の聖地初勝利なるか?期待したいですね。
投打とも絶対的な選手はいませんが、いかにも老練な持丸監督のチームらしく、試合運びが上手く、何よりナインの精神力の強さを感じさせます。
優勝候補とは言いませんが、意外と?ハマると面白いと思います。

あと、このゲームとは関係ないのですが、午前8時から東京五輪女子ソフトボール、日本-オーストラリア戦が行われました。
実質上の五輪開幕ゲームです。
何かと批判と騒動だらけの五輪ですが、日本代表、オーストラリアを8-1のコールドで下す好発進です。
私、NHKでソフトボール、ネット中継で10時開始の高校野球を同時に見ていました。五輪の無観客は残念ですが、緑の山々に囲まれた美しい福島あずま球場を世界の人々に見てもらえたのは良かったと思ってます。
そして女子ソフトボールナイン、金メダルを獲った北京大会以来、何と13年ぶりの五輪登場。
選手達にとってもとてつもない逆風続きを乗り越えての開幕。メダル云々より、とにかく自分達の力をいかんなく発揮されること、こちらも期待してます。

にほんブログ村 野球ブログ 野球論へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。