【H4-2M】プロ、高校とも千葉チームは敗北

千葉の野球ファンにとっては残念な1日になりました。
ほぼ同時刻に始まった、福岡でのホークス-マリーンズ戦。そして甲子園での専大松戸-長崎商戦。
私は高校野球のネット中継をチラ見しながら、CSでマリーンズ戦を見ていたのですが、両方とも千葉のチームが九州のチームに敗れてしまいました。

まず、プロの方からいきましょうか。
マリーンズ、今日は新加入のロメロ投手の先発。私は初見なのですが(一昨年にドラゴンズで投げていたことも知りませんでした)軽めのモーションで、左腕からのストレートはなかなか力強いですね。
特に左打者はかなり打ちづらいと思います。
今日は4回1/3を2失点、初登板としてはまずまずかもしれません。ただ、5四球は多すぎです。
ストレートはともかく、変化球でストライクがとれていないのが厳しいですね。

まぁ、まったくダメだったというわけではなく、かろうじでゲームは作ったとも言える内容なので、あと何回かチャンスはあると思います。
腕の振りが速く、ストレートも150~155K程度の球速がありますので、ハマれば結構活躍するかもしれません。
過度の期待は禁物ですが、キャッチャーが上手く緩急を使って投げさせられるか?が大きいと思います。
チーム構成としては、左腕で不足しているのは中継ぎ、先発に拘らないで使ってほしい気もしますね。

そして、何といっても残念なのが2-2の同点で迎えた8回裏の守り、また9回表の攻撃です。
まず8回裏ですが、昨日三者三振のハーマン投手の登板、これはいいのですが、彼もまた、ストライクを取るのに汲々としていました。
二死二塁から代打長谷川選手の申告敬遠、あれが良かったのか?
一塁が空いていれば、ボールになる変化球で勝負もできると思いますが、一二塁としてしまったことで、カウントが悪くなることを恐れてストレート勝負をせざるを得なくなりました。
相手は切り札の松田選手が残っていたんですよねぇ。
やられましたね、狙いすまして芯で捉えた打球はレフトオーバーの痛すぎる2点タイムリーになってしまいました。

そして最後の9回表、2点ビハインド、一死から代打安田が左前に落として出塁。
代走は和田でしたが、2点差ですよ、2点差。
二死後、和田選手がスチールを仕掛けますが、今宮選手の好タッチでアウト、そのまま試合終了です。
1点差ならともかく、なぜあそこで盗塁???
打席は好調の藤原選手、あわよくば一発で同点、少なくとも走者を二人にして中村・レアードに回すという場面ではなかったのですかね???
まぁ、そう上手くいったかどうかはわかりませんが、差は2点あるのに土壇場で盗塁する意味がわかりません。
ベンチのサインだったのか?和田選手の判断だったのか?わかれませんが、何とも消化不良の終わり方になってしまいました・・・

3連戦通して言えば、ホークス相手に敵地で勝ち越していますから、まずまずだったのかもしれませんが、2番手の東妻、3番手の田中の好投もあり、充分勝てるゲームだっただけに、残念感のほうが強いですね。

さぁ、そして高校野球の方ですが、初戦は快勝した専大松戸。
今日は初戦で完封勝利の深沢投手ではなく、県大会決勝で粘り強い好投を見せた本格派の岡本投手を先発に立てました。
ただ、甲子園初登板の緊張もあったのかな?
初回からボール先行で苦しい投球でしたね。
いきなり2失点の後も、ペースを握れずに2-6の完敗でした。
3回には、県大会からポイントの場面で活躍している苅部君の同点タイムリーで一度は追いついたのですが・・・
5回、肝心な時に二遊間の呼吸があわず、遊ゴロを二塁封殺できなくて、勝ち越しを許してしまったのが最後まで響きました。

初戦から守備の乱れはチョコチョコ出ていましたが、ああいう懸念材料というのは、ここという時に出てしまうものなのですかね?

それでも、県高校野球史に残る木更津総合との大激戦を制して甲子園出場、そして創部以来初の初戦突破。専松ナイン、頑張りました!!
昨年独自大会決勝で涙を飲んだ先輩達の無念を晴らしたと思います。
堂々と地元に帰ってきてください。
深沢君、岡本君、苅部君、そして県大会決勝満塁サヨナラアーチの吉岡君、皆3年生ですが、ぜひ次のステージでも野球を続けてほしいですね。

あと、ゲーム展開とはまったく関係ありませんが、相手の長崎商、胸文字は「CHOSHO」
我々千葉のオールドファンには、木樽さん、篠塚さん、宇野さんらを輩出した名門「銚子商」を思い起こさせます。
なかなか投打のバランスのとれた好チーム、専松ナインの分まで、頑張ってほしいですね!!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。