【CS1stステージ2021】劇的サヨナラで先勝

2021年度クライマックスシリーズ・ファーストステージ、ホームにイーグルスを迎えていよいよ始まりました。
初戦、凄いゲームになりましたねぇ・・・
追いつ追われつ、最後は劇的なサヨナラでマリーンズが先勝です。

今日、良かったと思うのは、スタメンが攻めのオーダーだったこと。
優勝を争ったリーグ最終盤、マリーンズは守りに入って序盤から1点をチマチマ取りに行くオーダーを組んでいましたね。
初回からトップの荻野が出ると、2番に置いた中村がホイキタバント、みたいな・・・

今日は2番にマーティン、5番に安田、6番に山口を置いて序盤からビッグイニングを作ろうとするオーダーを組んできました。
そうなんですよ、序盤に僅少差のリードを奪ったところで、そのまま勝ち切れるわけではない。
井口監督も今日は前半戦に勝ってきた形の攻撃的なオーダーで勝負に出ましたね。

だから勝てたというのは結果論ですが、2番に置いたマーティン選手は四球を選んで3回のレアード選手のタイムリーを呼び込み、続く安田選手も貴重な犠牲フライで追加点をゲット。
まずまず結果が出た形ではあったと思います。

ただ7回、普段と違うことをして失敗しましたね。
6回までゲームをしっかり作った佐々木朗希投手に代えて国吉投手、これはまぁ当然ですね。
ただ、その国吉投手がヒヤヒヤピッチで二死満塁。レギュラーシーズンであればそのまま回が終わるまでは続投の場面ですが、焦って唐川投手を投入して島内選手に3点タイムリーを浴びて逆転されます・・・

ただ、普段と違うことをしたのはイーグルスも同じ。
松井投手が復帰、クローザー起用かと思いきや、思わぬリードに焦って8回から登板させます。
二死からエチェバリアの起死回生の同点アーチ、追い込まれた打席でしたが、まさしくバット一閃、高目に浮いた甘めの球でしたが、打った瞬間それとわかる見事すぎる打球でした。

両チームとも、慌てて勝とうとして策が裏目にでましたね・・・

そして最終回、こちらはクローザーの益田投手が三者凡退で負けをなくします。
相手は、もしやの涌井投手かとも思われましたが、宋投手を登板させ、岡選手の四球から藤岡選手バントの後、代打佐藤選手の恐ろしく速い打球のサヨナラ打。
カメラが追いきれない凄い打球でした。セカンド脇を抜けたのだと思いますが、ライトも追いつけない速すぎるというか、凄すぎるというか、今日サヨナラで嬉しいというより、唖然とするような将来楽しみどころか、球史に残る打者の誕生を見た思いですね。

でも、やっぱりサヨナラ劇は嬉しすぎです(笑)
明日は後半戦安定感バツグンの小島投手の先発、内容は何でもいいから、ここまできたら一気に決めてくれって感じですかね?
スタメンは今日と一緒でOKです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。