【M1-2H】見始めたのは8回からですが

ホーム開幕戦。
まだ肌寒い中、マリーンズ・ロメロ、ホークス・石川が素晴らしい投球だったようですね。
だったよう、というのは、私、本日の帰宅は20時20分頃、TVをつけた時には既に8回、マウンドには東條投手が立っていました。
センバツの高校野球並みのスピードゲームですね。
それだけ両先発投手の内容が良かったということでしょう。

ただゲームはそこからもつれます。
0-1で迎えた8回裏、一死から四球で出塁した岡選手が二盗を決めると、高部選手がしぶとくセンターに抜けるゴロヒットで同点。
相手はモイネロ投手だけに、価値ある一打でした。

しかし延長にもつれこんだ10回表、今度はホークスの足にやられてしまいましたね。
無死一塁から代走の野村選手が二盗、ガルビス選手の中飛の間にタッチアップで三塁へ、最後は今宮選手の三ゴロ、スタートよく突っ込み際どいタッチをくぐり抜けて生還。
野村選手というのは私も初めて名前を聞きましたが、さすがにホークス、無名選手でもダイヤの原石がいますねぇ・・・
チバテレ解説の里崎氏、野村一人に1点取られた、と言っていましたが、結局これが決勝点。
一昨日に続き、2戦連続で悔しい延長敗戦です。

敗戦投手になった西野投手、トミージョン手術から復帰2戦目ですが、独特のタメるモーションからのストレートの力は離脱前に戻っているように思えます。
内容的には悪くなかっただけに気の毒でした。
ただ、彼が終盤のシビレル場面でも使えそうなメドが立ったことは大きいですね。
今季は今のところ、救援陣がフラつき気味なので、経験豊富なベテランの奮投には期待です。

あとは今日はスタメンマスクだった佐藤選手の使い方かなぁ・・・
仙台のゲームでは5番ファーストで使っていましたが、今日はキャッチャー。
プロとしては強肩とは言えませんし、キャッチングも上手い部類ではないように思えます。
ただ、あの打球の速さは尋常ではありませんし、「打てるキャッチャー」がいるチームはほぼ例外なく強いですからねぇ・・・
打力を生かしてファーストか外野で使うか?、あくまでキャッチャーとして松川や田村とポジション争いをさせるのか?
悩ましいところですが、中途半端な使い方は本人にも気の毒に思いますね。
まぁ、私もどちらがいいとは軽々に言えないのはつらいところです・・・(笑)
それだけ打つことに関しては素人目にも才能溢れるバッターですからねぇ・・・

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。