【M5-0Bu】マーティンついに初アーチ

やっと出ましたね。マーティン選手、結果的にゲームを決める今季初アーチ。
石川・山岡両投手が一歩も譲らない投げ合いを続けていた7回、貴重すぎる先制の一発でした。
だいぶ暖かくなってきたので、身体がほぐれてきたのですかね?
バット一閃の鋭いスイング、彼らしい打った瞬間にスタンドインがわかる一打でした。

先発の石川投手、今日も8回無失点、これで開幕してから3試合自責点0らしいです。
凄いですね。
ただ今日は、前半けっこう甘いボールもありました。
不振の相手打線に助けられた感もあります。

特に去年やられまくった杉本選手、打席で迷いがあるのでしょうか?
好球を打ち損じている場面が目立ちましたね。
まぁ、こちらとしてはこのまま眠り続けていてほしい・・・(笑)

去年は優勝を最後まで争ったマリーンズとバファローズですが、今季はまだ両チームとも戦い方が定まってない感じですね。
マリーンズは内外野とも、まだポジション争いが混沌としています。
今日はサードに安田、ショートにエチェバリアの三遊間。
外野ではセンター藤原がスタメンでした。
エチェは再三の好守で石川を助けましたし、藤原・安田も8回の追加点につながるヒットを打っていますから、まずまず結果を出したと言っていいかもしれません。
ただ、同じくスタメン抜擢組の平沢選手は4回のエラーで6回には懲罰交代、池田選手に取って代わられます。
たしかに余裕たっぷりのセカンドゴロを考えられないような暴投でした。
本職はショートの選手ですが、不慣れなセカンドだったというのは理由にならないでしょうねぇ・・・
少ないチャンスにかじりつかなければならない立場なのに、期待しているファンとしても、残念すぎるボーンヘッドでした。

また、バファローズも前述の杉本選手の不振。去年ブレークの宗選手もコロナ陽性で抹消とのこと、まだまだ本調子には程遠いようです。

ただマリーンズ、先発投手陣の充実ぶりは心強い限りですね。
今日の石川を含め、開幕してから11戦、全ての先発投手はしっかりとゲームを作り誰も序盤でKOされるようなことはありません。
救援陣では今日、佐々木千隼投手が復帰登板を果たしましたし、投手陣は態勢が整いつつありそうです。
このままマーティンが復調して、スタメンオーダーが固まってくるとホークスを追いかけていけそうな機運も高まりますね。

まだまだシーズンは始まったばかり、今の時点の順位は気にすることはありません。
何とかポジション争いにしがみついている藤原・安田両選手にもこのまま結果を残し続けて、押しも押されぬレギュラーへ、今が自身のプロ人生を賭けた最大の戦いの時期、何とか勝利してもらいたいものです。

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。