【Bu3-6M】青息吐息の勝ち越し

最終スコアは3点差ですが、ヒヤヒヤ場面の連続で見ている方が疲労困憊になるゲームになりました。
ただ、昨日嫌な負け方をしただけに、とにかく勝てたのは良かった。
今日の先発は佐々木朗希、前々回の登板で完全試合達成、前回も8回まで一人のランナーも許さず降板。凄すぎる投球を続けていましたが、さすがに3戦連続とはなりませんでしたね。

迎え撃つバファローズもプロの意地にかけて気合充分、初回先頭の福田選手が最短距離でバットを出して芯に当て、速い打球で一二塁間を破るヒット。
そうそうやられてなるものか、とばかりにいきなり襲い掛かってきましたね。
ただ、その後の一死一二塁のピンチを結果ゼロで切り抜けられたのは大きかった。
吉田選手の左前打はタイムリーかと思われましたが、高部選手の好返球と松川捕手のナイスタッチで福田選手は本塁憤死。
あれ、際どいタイミングでしたが、中嶋監督、なぜかリクエストしませんでしたね、まだ初回だったからでしょうか?
マリーンズサイドとすれば助かりましたね。

今日はその他にも際どいプレーが多くて、審判泣かせのゲームになりました。
どちらかというとマリーンズに有利な判定が多くて、幸運にも恵まれていたと思います。

そしてその高部選手、2回には満塁からタイムリー先制左前打、9回にも4点目を叩き出す中前打、ヒロインに呼ばれていましたが、実質今日のMVPでした。

あと、頑張ったというかツイていたというか?朗希投手が5回2失点で降板後、3-2の一点リードを守り切った救援陣(廣畑-田中-西野)、毎回走者を出し、いつやられるか?という感じでしたが、よく踏ん張り続けましたね。
特に7回の田中靖洋、制球に優れた投手のはずがどういうわけか3四球で満塁の大ピンチ。
最後は一二塁間に飛んだバレラ選手のゴロを中村奨吾が飛びついて止めて一塁へ、リクエスト
になるギリギリのプレーでしたが、大きなアウトでした。
値千金のファインプレーでしたね。

佐々木千隼と唐川を欠いている救援陣、しばらくは苦しいリレーが続きそうですが、何とか堪え続けてほしいと祈るしかありません(笑)

最後に、今日は5回で6安打打たれ、5四死球を出しながらも何とか2点で止めて3勝目をゲットの朗希投手、そうそう前回、前々回のようなスーパーピッチが続けられるはずもありませんが、調子が良くない中でも粘れたのは成長の証かな?
球数が80球を超えた5回は、肩で息をしはじめてかなりアップアップでしたが、一打同点の場面でフォークを続けて宗選手を三振に切ったのは見事でした。
何度もワンバウンドの投球がありながら、止めるだけでなくことごとく捕っていた松川捕手のキャッチングにも拍手です。

今カードは勝ち越したとはいえ、依然として打線のキーマンのマーティンの調子は上がらず、今日の6点もかなりたまたま感がありました。
さぁ一気に連勝だ、という雰囲気は感じられず、しばらくは一進一退の局面が続きそうです。
とにかく接戦を拾って、5割前後でついていけば、そのうちマーティンが打ち出して、山口も一本立ちして大型連勝??
そうなるまでは、辛抱の時期かな?

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。