【H2-4M】クーデター!?

ようやく上位打線が機能しはじめましたね。
初回は4番佐藤のタイムリーで先制。2点目は6回、2番中村のタイムリー。
そして試合を決めたのは8回のマーティンの2ラン。
チャンスメーカーの高部は猛打賞。
当たり前ですが、塁に出る人と返す人がキッチリ役目を果たせばチームは勝てるということですね。
まぁ、いつもそうそう上手くいかないのも野球ですが・・・(笑)

さて、ゲーム前に里崎氏のYouTubeチャンネルを見ていたら、なんとクーデター騒動を否定する内容を語っていてビックリしました!
クーデター?なんのこっちゃ?ってとこですが、アサヒ芸能の記事によると、イーグルスのフロントに入っているサブロー氏を中心に、やはりイーグルスでコーチを務めている岡田氏と今江氏、それにマリーンズ打撃コーチの福浦氏と里崎氏が結託して井口監督の追い落としを図っているとのこと。

里崎氏、YouTubeでは一笑に付しながら明確に否定していましたが、おそらく彼の言う通りで、そんな動きはまずないのだろうと思います。

ただ、そういう報道が出てしまうあたり、やっぱりチーム内の不協和音はあるのかなぁ?とも思ってしまいますね。
水曜日にマーティンのサヨナラアーチで勝った試合だったかな?監督インタビューで井口監督。アナウンサーが質問を終える前に、かぶせるように強い口調でコメントしていて、少し違和感を感じました。
これまではインタビューでそんな様子は見せていませんでしたから、どうしたのか?何か面白くないことでもあったかな?とやや不審に思いました。

ただ、クーデターの真偽はともかく、記事にあるように、あまりダイエー色が強くなるのもファンの一人としてはあまり面白くないですし、そろそろ2005年の優勝・日本一のメンバーから生え抜き監督が誕生してほしいという思いはありますね。
井口監督、昨年と一昨年の2位は立派ですが、平沢、安田、藤原・・・鳴り物入りで入団した高卒ドラ1たちが誰一人レギュラーになれていないというのはちょっと・・・
もちろん監督の責任ばかりとは言えませんが、3人だけでなく、井口監督が抜擢した若手で主力選手に成長した選手がいないというのはねぇ・・・??

マリーンズにはこれから勝っていって借金返済をしてほしいのですが、一方で生え抜きのチーム愛溢れるOB監督を待望する気持ちもあり、何だか複雑です(笑)

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。