【L1-2M】技巧派投手のストレート

ライオンズ與座 、マリーンズ小島、左右の技巧派投手の見応えある投手戦でした。
與座投手7回95球無失点、小島投手8回100球1失点、いずれ劣らぬ素晴らしい内容でした。
特に印象に残ったのは與座投手のストレート、CS解説の清水さんも言っていましたが、明らかに去年より速くなっています。
去年の彼はストライクゾーンの四隅に球を置きにいくような投球でしたが、今年はしっかり腕を振って打者を押し込んでいますね。
そして、それは小島投手も同じ、左腕からのクロスファイアのストレートで空振りやファウルを取って有利なカウントにしていました。

そしてゲームは、両チームのホ-ムランバッターの一発がソロか2ランかで決まりました。
ライオンズは2回に山川選手の一発で先制、マリーンズは8回、與座投手に代わった水上投手からスタメン落ちのレアード選手が意地の逆転2ラン、マリーンズは9回益田投手に繋いで逃げ切りです。
これまで内容のある投球を続けながら勝ち星に恵まれなかった小島投手、ようやく2勝目をゲット、良かったですね。

與座投手の球数はまだ100球に達していませんでしたから、マリーンズとしては代えてくれて助かりました。
まぁ、多分に幸運に恵まれた勝利でした。

特に土壇場9回、肝が冷えましたね(笑)
クローザーの益田、先頭の山川に対して、当然ボール気味の変化球で入ってくると思いきや、いきなりど真ん中のストレート、益田だけでなく、佐藤捕手にも「何考えてんだ???」と言いたいところです。
山川選手が見逃すはずもなく、打球はいい角度で左中間へ、「やられた、同点だ」と思いましたがギリギリでフェンス直撃の二塁打で済みました。
山川選手も、まさかと思ってビックリした分、スイングが緩くなったのかな?
ホントにラッキーでした。
その後も益田らしい?ヒヤヒヤ投球でしたが何とか切り抜けて、小島投手に2勝目をプレゼント、ただただ良かったってとこですね・・・(笑)

そして明日、先発はプロ初めてとなる森投手、コロナ禍でチャンスを掴んだ形になりました。
私も初見になる投手ですが、勝敗は気にせず、若者らしい攻めの投球を見せてほしいですね。
期待してます!!

にほんブログ村 野球ブログ 千葉ロッテマリーンズへ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。